あなたの周りの機密情報  機密文書出張細断サービスとは    
 機密文書出張細断サービスの特徴  ご利用の流れ  Q&A
 
 
 
個人の権利と利益を保護するために、個人情報を取扱う事業者に対して個人情報の取り扱い方法を定めた法律で、2005年4月1日に全面施行されました。
ユビキタス社会の進展によって様々な個人情報を含むデータが大量に収集され、処理され、利用されています。個人情報保護法の精神はあくまでも「個人情報の有効利用」と「個人情報の保護」にあります。有効に利用するためには、適切な個人情報の取り扱いが不可欠です。
 
  昨今の個人情報の目的外利用や情報漏洩といった、情報セキュリティ面のリスクの増大に対して社会の関心が高まっています。この分野で一旦事故を起こせば直接的、間接的に、企業は多大なダメージを受けることになります。
 
  個人を特定する場合、「氏名・年齢・住所・電話番号・FAX番号・メールアドレス・写真・指紋…」これだけで周りの人が特定される、これがいわゆる個人情報です。 個人情報保護法では以下の3つの項目が定義されています。
 
第二条 
この法律において「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいう。
 
つまり
(1)生存する個人に関する情報
(2)特定の個人を識別することができる情報
(3)他の情報と容易に照合することができる情報
とされています。
 
 
  個人情報が機密文書として扱われる事になったのはご理解いただけたかと思います。しかし、実際私達の周りにはいったいどれだけ機密文書が氾濫しているのでしょう。
 
 
  心当たりのある機密文書はありましたか?私達の周りには常に機密文書が隠されているのです。私たちは常に機密情報・個人情報の適切な取扱・管理をする義務が発生するのです。
 
 
   
  事業者は機密文書の適正な取扱いが求められることとなりましたが、社内にある「 機密文書」を特定しなくてはいけません。御社の中で何が保護すべき「 機密文書」にあたるのかをまとめます。 「捨てる技術」を身につけ、社内に溜まる機密文書を最低限に押さえ必要のない 機密文書については破棄することも重要な対策のひとつです。機密文書が少なければ少ないほど、管理は楽になります。
 
  近江美研の大型シュレッターを搭載した専用車両が、お客様の指定した場所まで出張し機密文書を確実に細断します。
 
 
 
     
 
  株式会社近江美研提供:近江美研HPに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます。