管内検査  管内更生工事  管内補修工事
 
   
 
  破損が軽微な場合はその場所だけを部分的に更正させる「補修工法」を実施します。近江美研が採用している補修工法は「パッカー工法」です。
 
 
最も軽微な水漏れなどにはパッカー工法が最適です。これは止水剤を注入して破損部をふさぐと同時に、管の外にできた空間にも止水剤を満たし、道路の陥没などを防止する工法です。
 
止水剤を注入するのは管内を走行するTVカメラ搭載ロボットです。本管、取付管、副管などあらゆる箇所の施行が可能で管内検査と同時に実施でき、下水管使用中でも水替えの必要がなく、止水能力が高く施行時間が短いので経済的です。また施行直後に継手部分の圧力テストができるといったメリットがあります。
   
 
 
 
 
 
 
 
     
 
  株式会社近江美研提供:近江美研HPに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます。